Scroll

1830年から続くピノー家が示す美の哲学と本物の生き方のすべてを込め、当時と同じ水準を維持しています。

「崇高な素晴らしさに到達するために、人生において必要なものはひとつだけだった(・・・)このことだけを心において、絶対的な完璧さというひとつの方向だけを追い求めた」。- エドワード・ピノー

パリに着いたエドワード・ピノーは、サンマルタン通り230番地にある香水店“A la Corbeille Fleurie (花かご)”のオーナーとなりました。20歳という若さで、彼は香水の作り方を習得していたのでした。